menu

挙式までの流れ


スポンサーリンク


まずは空き予約


これはクルーズ船の予約と同時に行います。

ウェディングの空き状況をみてから、クルーズ船を予約することはできません。

あくまでも、先にクルーズ船の予約をとり、そこからウェディングが空いているかを確認するようです。(旅行会社によって異なるかもしれません)


国内打ち合わせ


これは基本的にメールや電話で行います。
打ち合わせの内容としては


・ブーケ・ブートニア

・ウェディングケーキ

・BGM

・撮影などの有料サービス

・パロの予約時間

・キャラクターの希望


などです。こちらは別で詳しく書きます。



スポンサーリンク



ここからは現地(船内)での流れです。


コーディネーターと打ち合わせ


わたしたちは挙式の前日に行いました。基本英語です。

わたしたちのときは、船長さんと、日本人スタッフさんが付き添ってくれました。

当日の流れを確認していきます。

本来、こちらの国では新郎が先に式場へ、新婦は客室で待って後から式場へ向かうそうです。(新郎と新婦が本番までに会わないようにするそうです)

わたしたちはこだわりもなく、上まで一緒にいきますって話したら、船長さんに日本人って不思議ね~と言われました(笑)

あとはBGMの確認や、スチームサービスの確認などです。


衣装をスチームサービスに出す


前日、スチームサービスをしてほしい衣類をベッドに置いておくと、スタッフさんが持っていってくれます。日本からトランクで持ってきて、シワシワになったドレスもとても綺麗にしてくれて助かりました!


ヘアセット予約ある方は、スタイリストと打ち合わせ


わたしたちは予約してなかったのですが、予約のかたはこのときに打ち合わせするそうです。




そして当日。


ヘアセット、ネイル予約してる方はスパへ。


わたしたちは予約してなかったのですが、ご予約のかたはスパへ!



時間になったらお迎えが来ます。


いよいよ!夢のウェディングセレモニー!



関連記事

スポンサーリンク