menu

新生児黄疸


スポンサードリンク


新生児黄疸になった娘

3日目。


朝から『お顔がちょっと黄色いかなー?』
と言われていたこりんちゃん。

夜の健診で黄疸数値がひっかかり
新生児黄疸と診断されました。


新生児科の先生に呼び出され

『GCUのほうへ入院します。
光線療法で様子をみましょう!』

とのこと。

きょとん(°_°)って感じのまま
こりんちゃんはGCUへ。




黄疸って聞いたことあるけれど
詳しいこと何もわからなくて

不安で押しつぶされそうに。。。



いきなり目にテープを貼られ
ギャン泣きする娘をみて

わたしも涙ポロポロ( ;  ; )



いきなり目隠しだれたら怖いよね。

大人のわたしでも怖いもの・・・



看護師さんからは

『日サロみたいな感じよ!大丈夫!』
と言われるも

やはり母としては心配で心配で。




病室に戻るとまわりは新生児と一緒で
ほんとに虚しくなった。

ギャン泣きの声で寂しさ倍増。



わたしにできることは

搾乳した母乳を届けること
今のうちに身体を休めること!

だと言われ、ゆっくり過ごしました。



今思うと、入院の中日に
母子別室でゆっくりできたのは

本当にありがたかった。



心はいっぱいいっぱいだったけれど
身体には余裕ができました!

寝不足解消!



翌朝、けんちゃんがきてくれて一緒に

寂しいだろうな~泣いてないかな~

って涙を堪えながら会いにいくと



めっちゃ
くつろいどる娘



なんやこのポーズ。



すでに寝かたがパパやんけええ!

看護師さんにも笑われてたよ。笑




パンイチで温かそうだし。
心なしか部屋より快適そう。笑


搾乳した母乳も
たくさん飲んでくれてて良かった!


スポンサードリンク


夕方再び、会いに行ったときに

『少しずつ良くなってますよ~!』

とのこと。

今夜も別室ですか?
部屋に連れて帰りたいですー( ;  ; )

ってお願いしたら
先生たちで話し合ってくれて

『回復傾向にあるので良いですよ(^^)』

と言ってもらえて
夜部屋に戻ってきたこりんちゃん!



うむ。白目部分黄色いよね。。。

退院が予定通りできるかどうかは
当日の朝の検査結果次第とのこと。


丸一日ぶりの我が子は本当に愛しくて

夜中すげー抱っこちゃんだったけど
このときのために?体力温存してたので
たっっっくさん抱っこしてあげました!

翌朝の検診では無事に数値が下がり
一緒に帰れることになりました。



大きな病院だったので
新生児黄疸にもすぐに対応してもらえて

新生児科の先生も
わたしが不安になりすぎないよう
優しく説明してくれたり

本当にありがたかったです。


GCU・NICUにはいろんな赤ちゃんがいて

健康に産まれてくるって奇跡なんだって
改めて考えさせられました。



関連記事

スポンサードリンク